このページの本文へジャンプします

企業情報

  • HOME > 
  • 企業情報 > 
  • 環境・社会貢献活動 > 
  • くるみんについて

くるみんについて

次世代認定マーク(愛称:くるみん)

【次世代育成支援対策推進法と当社の取り組み】

少子化が急速に進行し、わが国の経済社会に深刻な影響を与えることが懸念されています。少子化の背景の一つには、仕事と子育ての両立が困難な職場環境があると指摘されています。このような状況を踏まえ、次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくることを目的として、国、地方公共団体、企業、国民が一体となって行う取組を進めるため、それぞれの果たすべき役割などを定めた次世代育成支援対策推進法が、平成15年7月(2003年7月)に成立し、平成17年4月(2005年4月)に施行されました。

この法律では、現在、従業員101人以上の企業においては、行動計画を策定し、周知することが義務づけられています。そして行動計画に定めた目標を達成し、一定の要件を満たした場合、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみんマークの認定)を受けることができます。

当社では育児休職・育児勤務制度の整備を進め、女性従業員が結婚しても、出産しても働き続けることが出来る環境整備を進めて参りました。また男性従業員の積極的な育児参加、所定外労働時間時間削減に取り組み、働き方の見直し、ワーク・ライフ・バランスの取れた職場環境整備を進めております。

その結果、2016年1月に第4回「行動計画」(期間:2012年4月1日〜2015年9月30日)に対し、3回目のくるみん認定を受けました。これまでも「子育てサポート企業」として2010年1月には第2回「行動計画」(期間:2007年4月1日〜2009年6月30日)、2012年7月には第3回「行動計画」(期間:2009年7月1日〜2012年3月31日)に対し認定を受けております。

現在、下記第5回行動計画を策定し、従業員がより一層イキイキとして働き続けることができる職場環境整備を継続して進めております。

今後も次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成されることを目指すとともに、従業員が仕事と子育てを両立させることができる環境整備を進め、お客さまからさらに信頼される企業となるよう努めてまいります。

【第5回行動計画】

ライフイベントにあわせて働き方を選択することができ、能力を活かせる環境を整えることで、仕事と子育てを両立する従業員を支援し、一人ひとりが働きやすく活躍できる職場を作るための行動計画を策定する。

  1. 1. 期間

    2015年10月1日〜2017年9月30日までの2年間

  2. 2. 具体的行動目標
    目標1.ワーク・ライフ・バランスや多様な働き方に対する従業員の理解を深めるため、情報提供の機会を設ける。
    <対策>
    • ・多様な働き方で活躍している事例や育児・介護に関する制度紹介の社内報を従業員に配付し、ライフイベントに関わる当人と周囲との相互理解を促進するための情報提供を行う。
    • ・新任、現職それぞれの管理職を対象にダイバーシティ推進の教育を実施する。
    目標2. 従業員が仕事と家庭を両立できるため中長期的な視点に立ったキャリア形成支援の取り組みを実施する。
    <対策>
    • ・若手の従業員対象に、中長期的な視点に立ったキャリアイメージの形成を支援するための研修を実施する。
    • ・社内における多様なキャリアを知り、従業員自身のキャリアプランを考える際の参考となるよう社内のロールモデルを紹介する社内報を発行する。
    目標3. 所定外労働の削減に取り組み、変形労働時間にて勤務する従業員の計画外労働を5%削減する。
    <対策>
    • ・監督層が労働時間管理に関する正しい知識を理解するため、研修等で教育の機会を設ける。
    • ・採用活動の実施、労働時間の確保を行い、人時不足の解消を行う。

ページトップへ