ランドセル、どうやって選べばいいの?

STEP1 まずはフィット感を大切に

ランドセルを選ぶ上では、「背おいやすさ」は、最も重要な要素のひとつです。体に合わないランドセルを選んでしまうと、こどもの肩に負担がかかり、姿勢の悪化などにつながってしまうことも。まずは売場に行き、お子さんに背おってもらいましょう。チェックポイントは主に2つ。「肩」と「背中」です。ベルトが肩と、クッションが背中とそれぞれしっかり密着しているかをチェックしましょう。

STEP2 6年間をイメージしてサイズ選び

教科書やノート、着替えに水筒など、小学生はたくさんの荷物をランドセルにいれています。さらに、2020年には学習指導要領が改訂され、必要な荷物が増える可能性もあります。一年生から六年生までの6年間を見据えてサイズを選ぶことが大切です。また、学校で配られるプリント類も意外と多く、それらを収納できるA4 のフラットファイルが入るかどうかも、チェックポイントです。

STEP3 安心・安全への配慮にも注目

こどもたちの6年間を優しく見守る機能があるかどうかも大切なポイント。ランドセルのフタを締め忘れてしまって、中身が散らばって大騒ぎ...、なんていう事態も自動ロック機能「ワンタッチツイスト錠前」がついたランドセルなら防げます。冬の放課後や、習い事の帰り道など、暗くなってしまったときにも、車のライトをピカッと反射する「反射材」つきのランドセルなら安心です。万が一にも備えた安心・安全機能もしっかり、チェックしましょう。

STEP4 最後はお子さんの感性におまかせ!

これまで見てきたステップをクリアしていれば、最後はお子さんに好きなものを選んでもらいましょう。6年間も使うランドセル。お子さん自身の愛着がなによりも大切です。そのためには、たくさんのデザインや色を売場でいっしょに見てみましょう。いまはとっても多くのバリエーションがあるので、きっと、お気に入りのランドセルが見つかるはず!

条件でランドセルを選ぶ

色の系統で選ぶ

機能で選ぶ
シリーズで選ぶ

価格で選ぶ
  • 6年間保証 イオンは全商品、6年間保証
  • 6年ミカタのランドセル 6年ミカタ品質少額6年間、ずっと一緒に居られる理由
  • 購入特典 お得情報
  • 店舗
  • オンラインショップ
  • カタログ