このページの本文へジャンプします

Let's食育! コラム

WEBコラム春の味覚を楽しむ

春の味覚を楽しむ
春の味覚を楽しむ

暖かさが本格的にならずまだまだ肌寒い日が続いて、体調管理も難しい時期ですね。
こんな時期ではありますが、お店にはもう春の味覚が並んでいます。

春を代表する味覚としては、いちごが思い浮かぶ方も多いと思います。優しい甘い香りと、甘さとほのかな酸味は小さなお子さんから大人まで大人気の果物で、好きな果物ランキングでも不動の一位です。お菓子などにもいちごフレーバーやパッケージにピンクやイチゴの図柄が季節限定品として取り入れられています。

このイチゴは、クリスマスや年始ごろから多く出回り始め、3月にピークを迎えます。以前は、4月~5月が旬でしたが、品質改良と栽培技術の進歩で12月~4月中心に変化しています。様々な種類があって、西日本中心の「あまい、まるい、おおきい」“あまおう”や東日本中心の「果肉がしっかりして赤色の鮮やか」“とちおとめ”が代表的ですが、地域ごとに特徴ある品種が作られ、「柔らかめの果肉にやさしい紅色」の“さがほのか”など種類によって少しずつ色や風味が違います。洗ってすぐ食べられるのも魅力的です。

イチゴはビタミンCが多く含まれています。洗う前にへたをとるとビタミンCが減ってしまいますので、へたをつけたまま流水で洗うとよいでしょう。

また、この時期春の味覚として、なばなも挙げられます。アブラナ科の若い葉や茎を食用にしたもので年末から春先にかけて出回ります。ちょっとした苦味があり、これが旬を感じる味になっています。年中出回る野菜が多い中、出回り時期が限られた季節を知らせてくれる野菜です。抗酸化作用のあるカロテンやビタミンCを多く含みます。ビタミンCはゆでるなど加熱によって減ってしまいますが、それでももともと多く含んでいるのでビタミンCの摂取源として期待できます。

おひたしや炒め物、スープにと色々な料理に合います。火を通すと鮮やかな緑色になり、春らしい気分にしてくれます。

魚介類では、あさりが挙げられます。春先に産卵期を迎えるので身が肥えて旨味が増える時期です。貝の中では出回り量も多く、料理酒やワインで酒蒸しにしたり、旨味を生かして味噌汁にしたりと手軽に楽しむことができます。栄養面では日本人に不足しがちな鉄を多く含みます。

あさりとなばなのシチューや、オリーブオイルと白ワインで炒め煮にしたものをパスタと合わせても、春らしいメニューを楽しめます。

季節の味覚を上手に取り入れて、食生活を楽しみながら健康を保ちましょう。

ページトップへ戻る