このページの本文へジャンプします

見て、食べて、土に触れる イオンふれあい農場

「野菜・果物を食べる事の大切さを、自然に触れ、おいしさを体験することで学んでほしい」 そんな思いからイオンは「見て」「食べて」「土に触れる」イオンふれあい農場を行っています。2008年度からは、農林水産省が推進する食育活動の一環である「教育ファーム」を取り入れました。【イメージ】畑

イオンふれあい農場とは?

農林水産省が推進する「教育ファーム」は実際に農業や漁業を営んでいる人の指導を受けて、同じ作物について2つ以上の作業を体験する取組みです。イオンではこの取組みを取り入れ、イオンふれあい農場に参加するお客さまが、作物を育てる体験を通して、自然の恩恵や「食」にかかわる人々の活動に興味を持ち、理解ができるようになることを期待しています。

これまでの体験レポート

2010年度実施

ジャガイモ

【イメージ】体験:ジャガイモ

埼玉県吉川市
第1回 畝立て、マルチ張り、定植
第2回 雑草とり、芽欠き
第3回 収穫
第3回目は収穫
7月3日、待ちに待ったジャガイモの収穫を実施しました。
さてジャガイモはどのように育っているでしょうか。

レポートはこちら

2009年度実施

  • 事業名:農林水産省 平成21年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」
  • 事業主体:(社)農山漁村文化協会

2008年度実施

2007年度実施

キャベツ

【イメージ】体験:キャベツ

「見渡す限り、どこまで行っても、 キャベツ、キャベツ、キャベツ」
群馬県吾妻郡嬬恋村より
家族みんなで参加したキャベツの収穫体験。
あっという間に400個も収穫したよ!

レポートはこちら

これまでの収穫体験ツアー

野菜

  • 枝豆
  • キャベツ
  • きのこ
  • きゅうり
  • 小松菜
  • さつまいも
  • 水稲
  • だいこん
  • チンゲン菜
  • とうもろこし
  • トマト
  • にんじん
  • はくさい
  • ブロッコリー
  • もやし
  • レタス

果物

  • 梨
  • りんご
  • 柿

ページトップへ戻る