薬事担当

知識・スキルを活かして
多様な業務にチャレンジできる環境

山田 さやか(2011年入社)

就職活動を通じてイオンリテールが調剤薬局を展開していることを初めて知りました。イオンリテールであれば、薬剤師としてだけでなく、より幅広いフィールドで医薬品の知識やスキルを活かしたチャレンジができるのではないかと思い、入社を決めました。また、福利厚生も充実しており、旅行好きな私にとって年に2回も10連休をとれる長期休日制度は大きな魅力でした。長期休日を利用することで、仕事に就いてからも、毎年のように海外を旅行しています。

現在は東海・長野カンパニーH&BC商品部に所属し、毎月の管理薬剤師会議の企画・運営、新店オープンや改装時の支援、店舗管理状況の確認、新入社員研修のトレーナーなどを担当しています。
管理薬剤師会議では、薬剤師のレベルアップを図る研修やメーカー勉強会などを実施しています。新店オープンや改装時には、スケジュール通りに計画が進むよう、社内をはじめ、保健所や厚生局など社外の各所とやりとりをします。また、店舗を巡回し、調剤方法・機器の使い方などを実地で指導したり、メンターとして新入社員をフォローをすることもあります。以前、イオンビジネススクールを受講した際にはOTC医薬品の売場効率改善に取り組んだことがありました。上司や他の部署の方々とも相談しながら、継続的に分析・改善をしたところ、成果発表では優秀の評価を得ることができました。日々の業務や研修を通じて、自分の成長を感じています。

将来の目標は2つあります。1つは、プライベートブランドであるハピコムの商品開発に携わり、自分が手がけた商品を売場でお客さまにお届けすることです。もう1つは、薬剤師の調剤スキルをより高められるよう、さらに充実した教育制度を確立することです。イオン薬局は面分業であるため、多くの医療機関からの処方せんに対応できる幅広い知識が必要となります。また、地域の方々の健康をサポートするためには、車いすや介護用品の知識、健康食品の提案など、お客さまの多様なニーズを受け、アドバイスする力が求められています。
現在実施している研修だけでなく、イオンで働くすべての薬剤師がスキルアップできるよう、新たなカリキュラムも導入していきたいと思っています。イオン薬局は、まだ完成形ではありません。さらに成長させるために、既存の枠にとらわれない新しい発想、提案をしていきたいです。

一日のスケジュール

09:30出社、メールチェック

朝は比較的ゆっくり出勤することが多いです。

10:00定例ミーティング

週1回、カンパニーH&BC商品部でミーティングを行い、調剤以外のOTC医薬品・化粧品・日用品などの担当者と情報交換をします。

11:00デスクワーク

新店・改装などに関する届出書類を作成。打合せのため行政機関へ足を運ぶこともあります。

12:00昼食

13:00店舗巡回

新店立ち上げや改装、教育、運用面のチェックを行う。月2回ほど、店舗の応援業務も行います

17:30退社

一日の業務の整理、報告を行ってから帰宅します。

これまでのキャリア

2011年 4月
入社 登美ヶ丘店 調剤業務・OTC担当。
2012年 4月
イオンビジネススクール、H&BC商品部員コースを受講。
2012年 6月
長期休日制度を利用して、アメリカ流通セミナーに参加。アメリカのGMS店舗やドラッグストアを見学。
2014年 3月
H&BC商品企画本部(本社)東海・長野カンパニー 薬事担当
2015年 9月
東海・長野カンパニーH&BC商品部 薬事担当