品質管理担当

イオンだから
お客さまの健康づくりに
もっと貢献できることがある

村瀬 義典(2009年入社)

大学で薬学を学んだのは、誰もがもっと健康になってほしいと考えたからです。大学で学びながらその思いはますます強くなって、就職活動でも大きな影響力のある企業がいいと思い、イオンリテールに入社しました。
入社後は千葉県にある鎌取店で調剤やOTC販売をメインに担当しました。2年後には管理薬剤師になり、薬局を任されるという責任を感じながら、業務にあたりました。
私が配属された当初、処方せん受付枚数は月に900枚ほどでしたが、3年後には2400枚に伸びるほど、クリニック開設など周囲の環境が変化した薬局でした。その変化に対応するため、店長や上司、メンバーとのコミュニケーションを密にしながら、オペレーションを含めてさまざまな工夫に取り組みました。とても良い経験だったと思います。

その後、関連会社に出向し新規開設の店舗でスタッフの採用や教育など、新しいミッションにも向き合いました。何もわからない新人の方にいかに商品知識を身につけていただくか。たとえば月に1回レポートを提出してもらうなど、私なりの方法でメンバーの成長が見えたことは大きな喜びにもなりました。
その後イオン薬局最大規模の船橋店に異動。ショッピングモールに複数診療科を有するクリニックがあり、処方せん受付がなんと月間約9000枚。そんな大規模店に異動後は、それこそチャレンジの連続でした。異動した当時は待ち時間が大変長く、患者さまにご不便をおかけしていました。そこで、管理薬剤師として薬の配置や業務の分担、勤務シフトの見直しなど、抜本的な改革に取り組んだのです。そして1年後には待ち時間を半分にまで短縮することができました。

現在はこれまでとはまったく異なる品質管理の業務にあたっています。品質管理の仕事には以前から興味があったのですが、それが実現できることがイオンの良さなのです。トップバリュのH&BCチームの一員として、イオンの品質基準の作成をはじめ、たとえば品質保証をテーマに、商品開発時の設計・製造上の検証などに日々取り組んでいます。
将来は、イオン薬局や現在の経験を生かして、ヘルス&ウェルネスの観点から、お客さまの健康づくりにもっともっと貢献したい。イオンだからこそ、そんなチャレンジも夢のまま終わらないという確信があります。

一日のスケジュール

08:30出社

メールと当日の予定を確認。

10:00ミーティング

月に1回は部内全体でのミーティング。週1回はチームミーティング。業務報告や進捗確認を行います。

11:30昼食

主に社内の食堂で食べています。他の部署の方と一緒にとることも多く、情報収集に役立てています。

14:00ミーティング

週に1回はトップバリュ商品の設計会議があります。関係部署が出席して、商品の品質保証について検討します。

16:00デスクワーク

商品表示変更案や法令改正対応などの説明資料を作成しています。

17:30退社

定時で帰り、帰宅後には軽い運動や読書などで、のんびりと過ごします。

これまでのキャリア

2009年
入社 イオン鎌取店 調剤・OTC担当
2011年
イオン鎌取店 管理薬剤師
2012年
㈱ボンベルタ出向 管理薬剤師
2013年
イオン船橋店 管理薬剤師
2014年
イオン東雲店 管理薬剤師
2016年
品質管理部