このページの本文へジャンプします
このページの本文へジャンプします

使っていないランドセルを、宝物にしてくれる子どもたちがいる。JOICFP国際協力NGOジョイセフ×イオン使っていないランドセルを、宝物にしてくれる子どもたちがいる。JOICFP国際協力NGOジョイセフ×イオン

イオンはアフガニスタンの子どもたちにお客さまの使わなくなったランドセルを届ける「キッズリパブリック 思い出のランドセルプロジェクト」を実施します。4月1日(金)~4月30日(土)の期間中、全国の「イオン」「イオンスタイル」店舗にて使い終わったランドセルの寄付を受け付けます。 イオンはアフガニスタンの子どもたちにお客さまの使わなくなったランドセルを届ける「キッズリパブリック 思い出のランドセルプロジェクト」を実施します。4月1日(金)~4月30日(土)の期間中、全国の「イオン」「イオンスタイル」店舗にて使い終わったランドセルの寄付を受け付けます。

ご協力のお礼あなたが使っていたランドセルを、アフガニスタンの子どもたちへ。ご協力のお礼あなたが使っていたランドセルを、アフガニスタンの子どもたちへ。

当社店頭ならびにイオングループ各社で実施いたしました支援企画に多くのお客さまのご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。当社店頭ならびにイオングループ各社で実施いたしました支援企画に多くのお客さまのご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

<記>実施期間:2022年4月1日(金)~4月30日(土)<記>実施期間:2022年4月1日(金)~4月30日(土)

寄付合計:6,346個(イオングループ会社)寄付合計:6,346個(イオングループ会社)

ご協力ありがとうございました。ご協力ありがとうございました。

寄付の様子について、ジョイセフの「思い出のランドセルギフト」公式ホームページにて報告します。寄付の様子について、ジョイセフの「思い出のランドセルギフト」公式ホームページにて報告します。

キッズリパブリック 思い出のランドセルギフトプロジェクトとは?キッズリパブリック 思い出のランドセルギフトプロジェクトとは?

イオンは、子どもたちの毎日の小学校生活をサポートするべくトップバリュを中心としたランドセルの販売を行ってきました。2001年からの累計で約370万人の子どもたちにイオンのランドセルをご利用いただきましたが、日本だけでなく世界のより多くの子どもたちの学習環境の充実のための支援をしたいという想いから、国際協力NGOジョイセフの取り組む国際支援活動「思い出のランドセルギフト」に賛同しこの度、アフガニスタンにランドセルを贈る取り組みを実施します。

使わなくなったランドセルを「寄付」としてお客さまより回収し、国際協力NGOジョイセフとともに、アフガニスタンに寄贈する取り組みです。世界中の子どもたちが平等に教育機会を得られるための一助として行われるプロジェクトです。

なぜアフガニスタン?なぜアフガニスタン?

アフガニスタンは女子の就学率・識字率がとても低い状態にあります。ランドセルを贈ることによって、女子の就学率の向上を目指し、同国の活動の支援となれるよう、公益財団法人ジョイセフを通じてアフガニスタンの子どもたちに贈られ、子どもたちが学校へ通うきっかけづくりとして役立てられます。※ランドセルは、男女平等に配付しています。

アフガニスタンは女子の就学率・識字率がとても低い状態にあります。ランドセルを贈ることによって、女子の就学率の向上を目指し、同国の活動の支援となれるよう、公益財団法人ジョイセフを通じてアフガニスタンの子どもたちに贈られ、子どもたちが学校へ通うきっかけづくりとして役立てられます。※ランドセルは、男女平等に配付しています。

公益財団法人ジョイセフと「思い出のランドセルギフト」について公益財団法人ジョイセフと「思い出のランドセルギフト」について

公益財団法人ジョイセフは、女性のいのちと健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。すべての人びとが、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利:SRHR)をはじめ、自らの健康を享受し、尊厳と平等のもとに自己実現できる世界をめざし、アフガニスタンの子どもたちに使い終わったランドセルを届ける「思い出のランドセルギフト」の取り組みをはじめ、国際協力機構(JICA)、外務省、国連、国際機関、現地政府、現地NGOや地域住民と連携し、さまざまな国で活動を実施しています。公益財団法人ジョイセフは、女性のいのちと健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。すべての人びとが、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利:SRHR)をはじめ、自らの健康を享受し、尊厳と平等のもとに自己実現できる世界をめざし、アフガニスタンの子どもたちに使い終わったランドセルを届ける「思い出のランドセルギフト」の取り組みをはじめ、国際協力機構(JICA)、外務省、国連、国際機関、現地政府、現地NGOや地域住民と連携し、さまざまな国で活動を実施しています。

本企画は終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。

ご寄付の方法についてご寄付の方法について

  • 受付期間2022年4月1日(金)~4月30日(土)受付期間2022年4月1日(金)~4月30日(土)
  • 実施店舗全国のイオン、イオンスタイルキッズリパブリック実施店舗全国のイオン、イオンスタイルキッズリパブリック

    実施店舗はこちら実施店舗はこちら

  • 1.使っていないランドセルをイオンへお持ちください。1.使っていないランドセルをイオンへお持ちください。
  • 2.イオンの店舗で海外輸送費募金1,800円(1個に付)をお支払いいただき、ランドセルはジョイセフの指定倉庫へ送ります。2.イオンの店舗で海外輸送費募金1,800円(1個に付)をお支払いいただき、ランドセルはジョイセフの指定倉庫へ送ります。
  • 3.倉庫で検品・梱包して、アフガニスタンへ送ります。3.倉庫で検品・梱包して、アフガニスタンへ送ります。
  • 4.子どもたちが学校へ行くきっかけづくりに役立ちます。4.子どもたちが学校へ行くきっかけづくりに役立ちます。
※破損の激しいランドセル、また宗教上の理由で豚革を使用したランドセルは、選別後に廃棄処理とさせていただく場合がございます。※破損の激しいランドセル、また宗教上の理由で豚革を使用したランドセルは、選別後に廃棄処理とさせていただく場合がございます。
  • イオンのかるすぽランドセル 詳しくはこちらイオンのかるすぽランドセル 詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る