このページの本文へジャンプします
このページの本文へジャンプします

  • スリランカ風カレー
    プレート

  • スリランカ風カレー2種と副菜1種を
    ワンプレートで本場風に。
    おうちで異国の香りを
    たっぷり満喫してみては。

    • カレーパウダー

    • 純輝鶏 もも肉

  • インドの南に浮かぶ小さな島国スリランカ。熱帯地域ということもあり、ほとんどの料理にココナッツが使われています。スリランカカレーにもココナッツミルクがよく使われ、サラッとした味わいが特徴です。
    また「トゥナパハ」と呼ばれるミックススパイスを使うのもスリランカカレーの定番。コリアンダー、クミン、カルダモンなど数種類のスパイスをすり潰して混ぜたもので、配合は家庭やお店によってちょっとずつ違うようです。
    スリランカでは「辛い=おいしい」なので、基本はカレーも辛め。コショウや青唐辛子、チリペッパーなどがたっぷり使われています。カレーと合わせるのはお米が多く、スプーンは使わず手で食べるのもスリランカの食文化です。

  • ラクサ

  • シンガポールでおなじみの
    「ラクサ」にチャレンジ!
    まろやかなココナッツミルクに
    カレーの風味が後を引く
    おいしさです。

    • カレーパウダー

    • むきえび

  • 東南アジアにある美食の街シンガポール。中華、マレーシア、インドなど様々な国の文化が入り混じり、シンガポール独自の食文化が生まれました。そんなシンガポールで名物となっているのが、魚の頭をそのまま入れた「フィッシュヘッドカレー」。もともと捨てられていた魚の頭を、スパイスと一緒に煮込んでカレーにしたのが始まりといわれています。今ではシンガポールカレーにはシーフードを入れるのが定番となっています。
    またココナッツミルクとスパイスを合わせた「ラクサ」もシンガポールの名物料理です。ターメリックやガランガルなどの香辛料を使い、お米ではなく麺と合わせて食べるシンガポールカレー。エビの風味がきいたスープとクリーミーな味わいが人気です。

  • インド風
    バターキーマカレー

  • ミンチ肉を使った
    やさしい味わいのキーマカレー。
    野菜のソテーも添えて彩りよく。

    • カレーパウダー

    • ミンチ肉

  • ポークビンダルー

  • インドの西海岸・ゴア地方に伝わる
    カレー「ポークビンダルー」を
    おうちで手軽にできるよう
    アレンジ。
    酸っぱ辛さが
    クセになる一品です。

    • カレーパウダー

    • 豚かたまり肉

  • 広い土地に人口約14億人、カレー発祥の地であるインドですが、実は「カレー」という呼び方は主流ではありません。インドでは「カレー=スパイス料理の総称」。具材やソースの名前をもとに「ビーフマサラ」「バターチキン」などと、それぞれの料理に名前がつけられています。
    また土地が広いため、同じインドでも北と南ではカレーのタイプが違うのもインドカレーの特徴です。北はドロっとした濃厚なカレーで、クミンやガラムマサラなどのスパイスを使うのが主流。南はサラッとしていてスパイシーなカレーが多く、からしの原料にもなるマスタードシードというスパイスを使うのが定番です。さらに北はナンやチャパティと、南はライスと一緒に食べるという食文化の違いもあるようです。

  • カレーパウダー

    ターメリック、コリアンダー、クミンをはじめとしたスパイスをブレンドし、香り立ちのよいカレーパウダーにしました。から揚げやチャーハン、スープなどにさっと一振りでカレー風味になります。

    ご購入はこちら
    ※ログインが必要です。

  • カレーといえば

    マンゴーソースとドライマンゴーのW使いが濃厚な味わい。 朝食にもおすすめのフルーティなラッシー。

  • 生きて腸まで届くビフィズス菌BB-12配合の機能性表示食品。

    ご購入はこちら
    ※ログインが必要です。

作ってみたレポ

  • 【スリランカ風チキンカレー】
    スパイスのから炒りをしすぎて苦くなってしまいました…。味見しながら調整すれば良かったです。
    鶏肉は皮付きの方がおいしくなるかなと思います。

    【スリランカ風かぼちゃカレー】
    かぼちゃの甘味とシナモンの香りがこんなに合うとは!驚きでした。
    トマトの皮が残って舌触りが悪くなってしまったので、皮は煮込む前にむいた方がいいと思いました。

    【なすのモージュ】
    シナモンと鰹節の香りが混ざり合って、甘酸っぱくて少しスパイシー。新鮮なおいしさでした。

  • ココナッツミルクのまろやかな甘味の中にナンプラーとXO醤のコク、カレー粉のスパイシーさが良いバランスで、おいしく作れました!
    今回は細麺で作りましたが、どんな麺にも合いそうなスープだと思います。 麺はスープを作った後に茹でてもいいかな、と思いました。

  • 簡単に作れて、トマトの酸味とカレー粉のスパイシーさが良いバランスでした。
    大豆肉を使ってヘルシーに仕上がったと思います。
    色々なひき肉を使って味の違いを楽しんでみるのもいいかな、と思います。

  • バルサミコ酢の酸味が特徴のカレーでした。
    八角とシナモンは使った方が、より香り高く仕上がります。
    豚バラを使ってもおいしいですが、脂っぽいのが苦手なら肩ロースの方がおすすめです。

ページの先頭へ戻る