採用担当

自分自身で感じたイオンの魅力を
学生たちに伝えていきたい。

中島 唯(2013年入社)

就職にあたって、イオンが総合小売業だという点に魅力を感じました。患者さまだけではなく、地域の皆さまとも交流が持てる。人と関わる仕事がしたいと考えていたのでここで働きたいと考えるようになりました。また、結婚出産といったライフイベントを経ても働き続けられる福利厚生の充実した制度にも惹かれました。
薬剤師として、相模原店、東久留米店を経験しました。相模原店では調剤やOTCの基礎を学び、東久留米店では調剤のほかに、管理薬剤師の代行として、メンバーの教育を担当するようになりました。
パート社員の皆さんは、それぞれに家庭環境も異なります。働き方などの相談を受け、一緒に答えを考える。そのなかで店舗をどのように運営していくかという課題に向き合っていました。そんな状況のなかで、初めての後輩が配属されてきました。そして、若手に、より良いアドバイスがしたい。そう強く考えるようになったのです。

若手を育成することへの興味や、自分自身の就職活動の経験を活かしたいという思いから、将来は人事、採用、教育分野で仕事がしてみたいと思い始めました。定期的な面談でも、その希望を伝えるようになりました。そのなかで、イオンビジネススクール教育スタッフコースに興味を持ち、チャレンジしてみようと奮い立ったのです。次のステップとして採用担当を目指し、いずれは社内教育に挑戦するという目標ができました。そして、希望どおり、受講することができたのです。薬剤師として入社した際には、考えてもいなかったキャリア。じつは、薬学部が6年制になってから薬剤師が人事の仕事に携わるというのは、私が初めてです。後に続く後輩たちのためにも、頑張らなければと思う日々です。現在は、薬学生の新卒採用担当として、インターンシップや採用イベントの企画立案、告知媒体の作成、さらに薬学生との面談など、多岐にわたる業務に、取り組んでいます。

会社選びは、人生のなかでも大切なポイントです。その時に、学生たちに寄り添い、悩みを聞き、アドバイスをする。ずっとフォローしてきた学生たちが最終的にイオン入社を決断してくれて、内定式で笑顔を見せてくれた時、大きな喜びを感じました。
これからも、自分自身が働いて感じたイオンの魅力を学生たちに伝えていきたい。と、同時に、新しい意欲も生まれています。採用はとてもやりがいのある仕事ですが、将来は教育へと職域を広げていきたいとも考えるようになっています。自分が採用した学生たちが、もっと楽しく働くことのできる環境づくりに貢献したいのです。目指すことは、イオンの中にある。見つけることのできる環境がある。そんな充実感も今、感じています。

一日のスケジュール

07:00起床

白湯を飲んでストレッチをします。

9:00出社

出社したらまずはメールをチェックします。

10:00ミーティング

チーム内でミーティングをして情報共有をします。

12:00昼食

チームのメンバーでランチタイム。1日のなかでで一番豪華な食事です。

13:00デスクワーク

イベントの企画を考えたり、事務作業を行います。

18:00退社

しっかり働いて帰宅。メリハリのついた勤務体系です。

これまでのキャリア

2013年 4月
入社 イオン相模原店 調剤・OTC担当
2014年 9月
イオン東久留米店 調剤・OTC担当
2016年 6月
イオンビジネススクール 教育スタッフコース受講
2016年 9月
人事部 採用グループ 採用担当