店舗で活躍する薬剤師

店舗で活躍する8名の薬剤師、それぞれの仕事内容とワークスタイルをご紹介します。

お客さまに
頼られているという
大きな充実感がある

調剤・OTC担当
秋枝 初(2016年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

月に800枚前後を応需する薬局で、調剤・OTC業務を担当しています。これまで学ぶ機会が少なかったOTCなどの売場業務を通じて、成長を実感することができています。そして今年度はイオンビジネススクールの商品部員コースを受講していますが、これは将来のステップアップのために重要な研修です。そんな研修に管理薬剤師やマネージャーでもない私が挑戦し、実際に経験できる。イオンは年次が若くてもチャレンジできる会社なのだと実感しています。

Q就職先にイオンリテールを選んだのはなぜですか。

小学生のころ、手術が必要な怪我をして入院した際、耐え難い痛みが薬によって治まったことに感動しました。このことから薬に関わる仕事がしたいと思うようになり、薬剤師を目指すようになりました。イオンリテールを選んだのは食事や運動指導をするうえで、多くの商品が店舗に揃っていて、薬剤師としての役割を果たせると考えたからです。また、薬局業務以外にも豊富なキャリアプランがあり、魅力を感じました。

Qイオンリテールに入社して、どのような感想を持っていますか。

薬の相談がしやすい店舗環境が、地域の健康を支える役割のひとつになっていると実感しています。日々の業務の中で患者さまから「イオンは土日も薬剤師がいるから安心」「調剤のみの薬局だと相談するだけでは店舗に入りづらい」「買い物ついでに気軽に相談できる」などの声をたくさん耳にします。頼られているのだという実感もあります。患者さまのために何ができるか。そう考える時、大きな充実感とやりがいも感じることができます。

一日の流れ

7:30

起床iPadでニュースまたは録画した番組を視聴

8:15

朝食

8:45

出社開局準備・メールチェック

9:00

業務開始調剤・OTC業務

13:00

休憩休憩室で別の売場の方と昼食を共にすることも。

14:00

業務再開

18:00

退社

18:30

夕食

23:30

明日の準備

0:00

就寝

先輩のフォローで
どんな時も自信を持って対応できる

調剤・OTC担当
櫻井 ひとみ(2016年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

私の勤務する薬局はイオンの中で最も処方せんの応需枚数が多く、ひと月に1万枚を超えることもあります。毎日多くの患者さまが来局され、私は主に処方せんの監査やピッキング、服薬指導などを担当しています。疑問や不明点があれば、その都度、先輩薬剤師の方々がわかりやすく教えてくれるなど、新人を育てる環境にも恵まれています。周囲の方のおかげで、薬剤師としての成長を感じています。

Q地域の健康を支えていると実感するのはどのような時ですか。

私が、地域の皆さまのお役に立てているかなと感じるのは、お電話で患者さまから薬のことについて相談された時です。たとえば、「今、服用している薬があるけれど一緒にOTC医薬品の風邪薬を服用しても大丈夫か?」、あるいは「授乳中なのに本当に薬を飲んでも大丈夫か?」といった問い合わせなど、さまざまな相談が寄せられます。不安を感じている患者さまに、安心を届けられた時、やりがいを感じます。

Qイオンリテールに入社して、どのような感想を持っていますか。

私の勤務する薬局には多くの調剤機器があります。初めて調剤室に入ったとき、学生時代に実習を行った病院には無かった最先端の機器があって驚きました。全自動散薬分包機、全自動水剤分注装置、全自動PTPシート払出装置、軟膏練機など、たくさんの種類が揃っています。こうした機器があることで、薬剤調整の時間が短縮でき、調剤監査や服薬指導、またOTC医薬品を買いに来られたお客さまに余裕をもって対応することができるので、患者さまにとっても安全・安心に繋がっていると感じます。

一日の流れ

9:00

起床、朝食

12:00

出社、メール、引継ぎの確認

12:05

調剤・OTC業務

15:00

休憩社員の休憩室でお昼ごはんを食べます。

16:00

調剤・OTC業務

21:00

退社時々、職場の同期と飲みに行きます。

25:00

就寝

これからもお客さまに
より良い提案を
していきたい

管理薬剤師兼ファーマシーマネージャー
富永 淳(2015年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

内科や整形外科、耳鼻咽喉科などの処方箋を中心に調剤業務を行っています。また、管理薬剤師として他の薬剤師の勤務管理や薬局内の設備管理・リスク管理などにも気を配っています。ファーマシーマネージャーも兼任しているため、薬局だけでなくOTC売り場などの管理も大切な役割になっています。日々の売り上げの進捗を確認し、お客さまのニーズを探りながら、何を積極的に販売していくべきかを考え、売り場づくりを計画しています。

Q就職先にイオンリテールを選んだのはなぜですか。

薬の研究開発に興味があったので、薬学部へと進学したのですが、薬局実務実習で患者さまと実際に接する中で、薬剤師は薬の提案や服薬指導を通じて役に立てると感じました。同時に、今後の薬局は、調剤業務だけでなく、OTCや健康食品、介護用品などさまざまな角度からお客さまの健康と暮らしを総合的にサポートできるようになるべきだと思いました。総合小売業であるイオンなら、私の思いが実現できると確信し、入社したのです。そして現在、お客さまからの感謝のお言葉に、日々、やりがいを感じています。

Q仕事をする上で心がけていることはなんですか。

イオン薬局では、さまざまな商品を取り揃えています。入社した当初は、たくさんの商品がありすぎて、自分自身がきちんと商品を把握できていないほどでした。どの商品をお客さまにお勧めするべきなのか、判断に迷うこともありましたが、商品を手にとったり、使ってみたりして、あるいは先輩から教えてもらったりしながら理解を深めていきました。今でも、新しい商品が発売されるたびに、従来品とどのような違いがあるのかを丹念に調べ、お客さまにとってより良いものを選択できるよう勉強を続けています。

一日の流れ

8:30

起床

9:00

朝食ニュースチェックを行います。

10:00

出社・メールチェック

12:00

調剤・OTC業務

14:00

昼食休憩お弁当を食べます。10分ほど昼寝もします。

16:00

売り場づくり午後は処方箋が落ち着くため、事務作業などをします。

17:00

調剤・OTC業務

19:00

退社

20:00

帰宅・夕食

22:00

読書・youtube気になる本を読んだり、動画を見たりして過ごします。

0:00

就寝疲れが翌日に残らないように、日付が変わらないうちに寝ます。

身近な存在として
お客さまに頼られる薬局を目指して

調剤・OTC担当
野田 さやか(2016年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

ショッピングセンター内にあるメンタルクリニックと歯科の処方箋を中心に調剤業務を行っています。土日祝日は調剤も落ち着くので、お薬の相談を積極的にお受けしたり、売場業務も少しずつ学んでいます。2年目になり、新入社員や新しく入社されたパートさんを教育する役割も任され、より分かりやすい作業のマニュアルや自店で売れ筋のOTC医薬品をピックアップした資料などを作成しました。また、調剤医薬品の発注や返品、振替などの在庫管理にも取り組んでいます。

Qやりがいを感じるのはどのような時ですか。

以前相談を受けたお客さまが「前に教えてもらったお薬よく効いたの。それで今度は別の相談なんだけど。」と再度来店してくださったことです。自分が選んだ薬がそのお客さまの期待に応えられ、また頼りにされたことを実感し、やりがいを感じています。このようにおっしゃってくださるお客さまはまだ少ないですが、より多くの方に頼りにされる薬剤師を目指して、研鑽を積んでいきたいです。

Q就職先にイオンリテールを選んだのはなぜですか。

化学が好きなので大学でもその勉強ができればという理由で薬学部に入りました。しかし、講義を受け、また仲間と切磋琢磨するうちに、薬剤師として多くの方の役に立ちたいと思うようになりました。イオンリテールを選んだのは、調剤だけでなく健康に関するさまざまな知識やスキルを身につけることができるので、“なんでもできる薬剤師”になれると思ったからです。お買い物ついでに立ち寄りやすくで、お客さまと薬剤師の距離が近いので一番身近に感じてもらえる点も志望動機の1つです。

一日の流れ

8:00

起床

9:00

趣味の時間趣味でイラストや水彩絵を描いています。

11:00

家事掃除、洗濯、料理

13:00

出社、引継ぎ確認

13:30

調剤・OTC業務届出書類作成、在庫管理なども行います。

17:00

休憩最近お弁当を作り始めました。

18:00

調剤・OTC業務

22:00

退社

23:30

勉強今は調剤報酬などについて勉強をしています。

25:00

就寝

地域の皆さんの
健康を支える誇りがある。

管理薬剤師兼ファーマシーマネージャー
亀井 寛明(2015年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

管理薬剤師とファーマシーマネージャーを兼任しています。ファーマシーマネージャーの主な業務は人事管理と売場管理です。月ごとの勤務計画の作成や勤怠管理、そして部下の教育などを行っています。また、新しい商品の展開提案や売場づくりも大切な業務です。そしてマネージャーとして最も大切なことは売り上げなどの予算管理であり、数値の進捗を見ながら、的確に対応をとっています。管理薬剤師としては調剤業務を行いながら、他の薬剤師の疑問や質問にも対応し、これまで経験と知識を活かし問題解決を図っています。

Q地域の健康を支えていると実感するのはどのような時ですか。

イオン薬局は、365日営業しています。そのため、病院が開いていない時、体調が悪くなったお客さまがご来店されることもあります。小児の風邪や皮膚症状で来られる方が多く、これまでに学んだ知識を活かし、少しでも症状改善になるアドバイスを心がけています。以前、鍋を扱っていて火傷をしたお客さまから問い合わせがありました。電話で症状を伺い、氷水で冷やすこと、そして水泡の有無を確認して、今後の対応をお伝えすることがありました。とても喜んでいただき、地域の健康を支えていることが誇りに思えました。

Q就職先にイオンリテールを選んだのはなぜですか。

薬剤師を志したのは、資格を持ちたいという理由でした。大学では薬理学や人体生理学を学び、薬理成分が効く過程にとても興味を持ちました。就職活動では、MR、病院、薬局の3分野を視野に、今まで学んできたことを活かせるのはどの業界なのか、どの職種なのか、十分に検討して、最終的に薬局を選んだのです。イオン薬局は、清潔感のある売場が印象的で、調剤室の設備が充実していたことが決め手になりました。

一日の流れ

9:00

起床

12:00

食事夜が遅いときは、出勤前に食事

14:00

出社・昼礼店全体の確認事項と連絡内容を確認。売上状況を共有。

14:30

売場メンテナンス今後のセールに向けての企画も考案します。

17:00

休憩他の売り場の従業員とコミュニケーションをとります

18:00

調剤および薬歴記入

22:30

閉店業務使用薬剤の在庫確認など。

23:00

退社

23:30

食事

0:30

入浴

1:30

就寝

プライベートの充実が
仕事のやる気につながる

管理薬剤師
横井 知佳(2013年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

内科や耳鼻科、歯科の処方せんを中心に調剤業務を行っています。比較的患者さまと向き合える時間が多いので、薬に対しての不安や疑問を解消できるよう心がけて投薬をしています。管理薬剤師になったことで、より責任も重くなると同時に業務への向き合い方も変わってきました。これまでの店舗での経験を活かし、今後は店舗スタッフ全員にとってさらに働きやすい環境にできるよう、積極的にコミュニケーションを取りながら、明るい薬局を目指していきたいと考えています。

Q仕事のやりがいを感じるのはどのような時ですか。

年末年始で、病院を受診できない期間に相談に来られた患者さまがいらっしゃいました。お話をお聞きしてOTC医薬品の提案をし、様子を見てもらうようお伝えしたところ、数日後「治りました」とお礼を言いにきてくださいました。そしてその後、私の勤務時間に処方せんを持ってきてくださるようになりました。この出来事でやりがいを感じたのはもちろんですが、困っている患者さまのお役に立てるようもっと勉強しようと強く思いました。多方面からのご提案ができるように、今後はサプリメントや栄養に関しても知識を増やしていきたいです。

Qイオンリテールに入社して、どのような感想を持っていますか。

1年目は、思うように患者さまの相談に乗れず、不安を感じたこともありました。しかし、月1回のペースで研修があり、OTC医薬品の知識や調剤業務の基礎を習得できたので、時間とともに不安は解消していきました。
また、食料品売場や衣料品売場の担当者との交流もあり、様々な視点を得ることができるのはイオンならではだと思います。そしてイオンの制度の中でも私が一番だと思っているのが年間計20日間の長期休日です!様々な文化や景色に触れることが大好きなので、長期休日を利用し海外旅行でストレスを発散しています。このことが仕事のやる気につながっていると感じています。

一日の流れ

8:00

起床

9:00

朝ヨガ仕事前に体を動かして汗を流します。

11:00

勤務前に朝食

12:00

出社メールをチェックして調剤業務に取りかかります。

14:00

売場業務発注や伝票入力、振替提案など。

17:00

休憩

18:00

調剤・OTC業務

21:00

退社

22:00

帰宅、夕食

24:00

就寝

入社の決め手は、キャリアアップの
チャンスが数多くあること

管理薬剤師
藤原 陽奈(2012年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

管理薬剤師として調剤業務と薬の在庫管理を主としています。その他にも処方せん枚数を伸ばすための対策を考え実行したり、OTC医薬品の売場づくり、数値管理、新規入社者の教育など薬局運営に関する業務全般を行っています。上司と相談しながら新しい試みに挑戦したり、食料品売場など他の売場の方とも連携するなど、日々刺激を受けながら業務に取り組んでいます。

Q就職先にイオンリテールを選んだのはなぜですか。

私が薬剤師を志した理由は、2つあります。1つめは資格取得で手に職をつけるため、そして2つめは学生時代に創薬の分野に興味があったからです。就職先としてイオンリテールを選んだのは、キャリアアップのチャンスが数多くある点に惹かれたからです。就職活動中はいろんな企業を研究し、実際に見てまわりましたが、最終的にイオンリテールに入社したのは、自分が将来、活躍できる環境だと確信が持てたからです。

Qやりがいを感じるのはどのような時ですか。

自分が提案したことや、やりたいことが実際にカタチになった時に仕事のやりがいを感じます。1からすべて作り上げるので、計画段階や作業にはつらいことも多々ありますが、売場のメンバー全員で協力しながら完成した時の達成感は何ものにも代えがたいです。イオンの薬剤師は患者さまから病院や調剤薬局の薬剤師とは異なる期待を寄せられていると感じています。薬の知識はもちろんですが、患者さまの困っていることの本質を聞き出すコミュニケーションスキルやそれに対する提案力なども必要になってきます。これからもメンバーと協力し、患者さまに必要とされる薬局を作っていきたいと思います。

一日の流れ

9:00

起床朝食後、掃除・洗濯など家事を済ませます。

11:00

出社・メールチェック・ワークスケジュール確認出勤してまずは投薬待ちの患者さまのチェックをします。

13:00

調剤・OTC業務

16:00

休憩

19:00

薬歴記入投薬した患者さまの薬歴はその日のうちにすべて入力してから帰宅します。

20:00

退社

21:00

帰宅

もっとお客さまに
寄り添った
服薬指導を目指して

調剤・OTC担当
神藤 将典(2017年入社)

Q現在の仕事内容を教えてください。

調剤業務とOTC業務を行っています。私の勤める薬局があるモールには内科・皮膚科・歯科・眼科といったさまざまなクリニックが入っていて、月に4,000枚以上処方箋を受け付けていますのでメインは調剤業務となります。また、月に一回、健康フェアを開催して、お客さまの血糖測定やお薬の相談に対応しています。さらにOTC売り場のメンテナンスも重要な役割で、シーズンごとの重点商品の売り込みについてポイントや、改善点をパート社員の皆さんに指示するなど、調剤・OTC業務の両立を心がけています。

Q地域の健康を支えていると実感するのはどのような時ですか。

患者さまから選ばれる薬局、そして選ばれる薬剤師になったと実感できた時です。処方箋の内容や受付時の状況によっては待ち時間が1時間を超えることもあります。患者さまへご迷惑をかけることもあるのですが、そんな状況でも「1時間かかっても、この薬局で受けてほしい、投薬してほしい」といったお言葉をいただけることがありました。他の薬局と比較して選んでいただけたと思うと、もっと頑張らなければと身が引き締まる思いでした。投薬の時、より一層お客さまに寄り添った服薬指導を心がけていきたいと考えています。

Q就職先にイオンリテールを選んだのはなぜですか。

一年間の浪人期間に、真剣に自分自身の将来を考えました。そして社会貢献度の高い職種を目指そうと考え、薬剤師が合っているという結論に達したのです。就職では、OTC併設型のドラック系の企業を第一志望に考え、さらに福利厚生の充実や、調剤薬局としての将来性を研究しました。イオン薬局は地域貢献度が高く、さまざまな地域活動の提案を通じて、お客さまに役立つ情報の発信ができると考えたためです。

一日の流れ

9:00

起床

10:00

洗濯・掃除・書類整理

11:00

PC・趣味

12:00

炊事お弁当づくり。最近は玄米にはまってます。

13:00

出社売り場メンテナンス・メールチェック・引継ぎ確認

17:00

休憩

22:00

退社

22:30

お食事会月に数回、部門を超えた皆さんと食事会を開催。

0:00

帰宅

0:30

勉強服薬指導に役立つ雑学や保険調剤について勉強。

1:30

就寝