ENTRY
ENTRY

薬剤師インタビュー

地域の患者さまに一番よりそう
幅広い分野で活躍するイオンの薬剤師に共通する想い

地域医療の最前線で活躍する、現場で活躍する薬剤師や管理薬剤師はもちろん、
本社および各エリア単位で各薬局の後方支援も含めて活躍の幅が広いのが特徴です。
「バイヤー」、「調剤トレーナー」、「商品開発」等、様々な役割がありますが、
活躍の場が変わっても「地域の患者さまに一番よりそう」という想いはイオン薬局で働く薬剤師に共通。
それぞれ自ら切り拓くキャリアに向かって進む6名のインタビューをご紹介します。

薬剤師紹介

※インタビューは取材時のものです。

01

勤務薬剤師

池田 万里菜

2020年新卒入社

患者さまやご家族の心によりそい、安心・信頼される薬剤師を目指して日々勉強!カウンセリングを通じて感じる仕事のやりがいと、安心して働ける職場環境についてお伝えします。

02

管理薬剤師

安部 勇耶

2014年新卒入社

現在の薬局を、在宅訪問件数社内トップクラスに育てた安部。その姿からチーム医療の中で果たす役割の大きさと、地域に一番よりそう姿勢が見えてきます。

03

管理薬剤師

山岡 恵美

2007年中途入社

様々なタイプの薬局を経験し、現在は管理薬剤師として若手の育成にも注力。病院薬剤師からイオンに転職した立場だからこそ分かる、イオン薬局ならではの働く魅力とは?

04

調剤トレーナー

寺尾 直也

2009年新卒入社

「対物から対人業務へ」と役割がシフトしている薬剤師の仕事。薬局での現場経験を基に、担当するエリアの人材育成を含めた薬局のサポートに取り組んでいます。

05

バイヤー

矢野 友紀

2009年新卒入社

子育てをしながら自らキャリアを切り拓き、現在はオーガニック商品の仕入れや社内教育を担当。薬剤師としての専門性も活かし、オーガニック商品の普及に力を注いでいます。

06

商品開発

清田 薫

2001年新卒入社

「お客さまの健やかな毎日のくらしに貢献したい。」現場の薬剤師時代に感じた想いをイオンのプライベートブランド、トップバリュの商品開発で実現する。そのやりがいと難しさは?